2008年08月19日

手帳に関する自分用エントリ

2007年はMini6に挑戦してみましたが、サイズに物足りなさを感じていました。
結局2008年はBibleに戻ってしまっています。
バインダーも知人のところへお嫁に行きました(元気でね!)

そんなこともあり、一度整理してみました。
様々な手帳本を読み漁り、自分に合いそうな部分だけを安くパクってきたつもりです。
自分用の記録、単なる独り言で恐縮ですが・・・。


■要件の再確認(システム手帳)
-------------------------------------------------------------
・営業用途
 (携帯性と記入スペースの落とし所はBibleサイズ?)
・複数顧客との複数案件が日々同時進行
 (スケジュールとToDoは切り離さない方が良い?)
 (仕事用メモは、顧客毎・案件毎に並び替える必要有り)
・案件スパンは数日〜数年と、様々
 (年変わり、年度変わりはあまり関係無い)
 (一覧性を重視、デイリーリフィルは不要)
・スケジュールをオンオフで分けたくない
 (手帳を休日に持ち歩く際、仕事リフィルは不要)
etc...
-------------------------------------------------------------

そこで辿り着いたのが、下記構成です。
あくまで現時点での記録ですので、変わるかもしれません。
この構成は、リフィルの違いこそありますが、入社してからほぼ変わっていません。
ずっとBibleを愛用しており、2007年にMini6へと浮気をしてから、Bibleを使い続ける決心が
より強まった気がします。(本当の浮気の言い訳っぽい・・・笑)
手帳を2冊構成にしてから、休日の荷物が随分軽く感じられます。
無題.jpg

これのタイトル部分に顧客名と案件名を書き、下の方眼部分にタスクをひたすら時系列で書き出しています。
受注した案件のクロージングだけでなく、受注までの提案プロセスを書くこともあり、頻繁に修正します。
(精度は低い 泣)
他にも、資格取得計画や貯金計画等、何にでも使っています。
R0011051.JPG

月間はやはりカレンダータイプが落ち着きます。
なるべく融通がきくよう、真っ白な記入欄のタイプを。
実は、後ほど登場する週間のレイアウトが、左頁・月〜水、右頁・木〜日、となっています。
細かい話ですが、それと月間が統一されることで、参照や転記がとてもし易いです。
(同じ月曜始まりでも、左頁・月〜木となっているものもありますよね!)
R0011052.JPG

週間はバーティカルです。
時間が視覚的に判断しやすくて好きです。
・昼休みと定時後を知らせるライン
・ToDo等に便利な日毎のメモ欄や週共通のメモ欄
・30分を表す点
・8時以前の予定も書ける空白の1行
小生のツボを地味に抑えてくれています。
土日に細かいスケジュールが入ることは少ないので、平日優先レイアウトでも良しとします。
R0011053.JPG

ついでにメモです。
R0011054.JPG
posted by SUG at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

来年の手帳

2007年のもマトモに書いていなかった気がしますが、来年の手帳について書いておきたいと思います。
ただ、あまり見てておもしろくないかもです(-_-;

P1000016.JPG

今年、実はコレ一冊でやってきました。(blogサボってて全く書けていませんでした・・・
ASHFORDのシステム手帳、ラムスキンMini6です。

P1000020.JPG

決め手は、リング径11mmなのとベルトやペンホルダーが無いことで、とてもシンプル且つコンパクトなことでした。

P1000024.JPG

また、ラムスキンがとても柔らかいので、片手で持ったまま親指でパラパラっとめくりやすい点もお気に入りです。(↑コレ)
綴じ手帳ならともかく、システム手帳でコレをやる方はあまり見かけない気がします。いらっしゃったらゴメンナサイ。

P1000014.JPG

次回は中身について書きたいと思っています。
ちなみにサイドの5段タブですが、あまり気に入っていないので近いうちに変わるかもしれません(笑
posted by SUG at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

応急処置

oukyuu.jpg

awlさんの記事のコメント欄でも書かせていただいたのですが、最近の、メモ欄がどうしても足りないときの応急処置の図です。

以前は、バイブルサイズの半紙みたいなメモリフィルをはさむ作戦で行こうと思っていたのですが、いざ使ってみると、どうも片方のページが見づらい(一応透けて見えるのですが)のが気持ち悪い。

なので、これからしばらくは、11号をちぎって綴じてみることにします。

PS.せっかく柊さんが以前オススメしてくれたブックダーツ、未だにめぐり合えません(汗
posted by SUG at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

なんとなく散歩

文具店にて。

リップスティック型の修正テープを発見。
幅も豊富。しかも、連結するではありませんか。スルー。

99円ショップにて。

ミニ檸檬よりも少し短い4色ボールペンを発見。
4本セットで。スルー。

本屋にて。

「買ってはいけない」シリーズの新刊を立ち読み。
実は昔からのファンです。
でも、読まなきゃ良かった・・・あまりに内容が恐ろしくて。




所要時間45分。出費無し(笑
posted by SUG at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

バーチカルの記入ルール

バーチカル手帳を使う上での、現時点でのワタクシの記入ルールを、
忘れないよう、記念にここに書きます(笑

あくまで個人的な、独断と偏見に満ちた記事なので、御了承ください。

変更するかもしれませんが・・・



続きを読む
posted by SUG at 20:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

最近の手帳事情

slim.JPG手帳.jpg

以前は15mmリングのバイブル手帳(通称)に何でもかんでも挟んでおりました。
しかし、今では、8mmリングのバイブル手帳(通称)を併用しております。

地図やら、路線図やら、お店情報やら、アドレス帳やら、6穴パンチやら、立ち読み情報やら、ゴテゴテしたものはへ。

そして、こちらのには、年間リフィル、週間バーチカルリフィルを4ヵ月分、メモ数枚のみ。こちらは上着のポケットにも入ります。

つまり、手帳を純粋なスケジュール要素と、その他の便利要素に分割したってことですね。

普段はだけで充分なのですが、
初めての土地に行くときや、長丁場になる用事の時など、上着に、カバンにを入れてます。

まぁ「2冊持ち歩くことがある」というデメリットがありますが、手帳スタイルは一長一短なので仕方ないですね。
今のワタクシには、一冊で済むような用事の方が多いですし。
posted by SUG at 02:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

DIME No.21

そろそろかと思っていたら、やはり来ました、
DIMEの手帳企画シーズン(秋・年末・春の年3回ペースぐらい?)。

みなさん、手帳デカッ!

特にあの人、何度見ても手帳とは別ジャンルのような・・・カバン?・・・(笑

http://www.digital-dime.com/
posted by SUG at 14:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

TODOと半紙

以前、柊さん
「ロディアのTODOを手帳に貼りたいならブックダーツを買ってみては?」
とのコメントを頂きました。

はい、近所で売ってないことが発覚してから、すっかり買えないままです(汗

そして来年の「メモ欄のとても少ない24時間バーチカル」をカバーする意味もこめて・・・

もう、ウィークリーの間にメモリフィルを挟んでみよう!
カラフル.jpg
システム手帳秘奥義「メモ欄は無限大」ですな。

ならば、過去の失敗「バインデックスの方眼メモは半紙みたいで気持ち悪い事件」を生かせてやろうではありませんか。

この半紙(もう、こう呼びましょう)、もともと手帳を薄くするためなのか、トレースするためなのか知りませんが、裏が透けて気持ち悪いのです。

でも、気持ち悪いのは、保存するようなメモの話(こっちはノックスブレインの方眼で解決済)。

TODO書いてその日に捨てる、半紙ごしに次のスケジュールもうっすら見える、もう、ウィークリーの間に挟むメモ専用のような気がしてきました・・・・・勝手に。

まあ、別に俺が発明したアイデアでも何でもないですが(笑

しかし、いつかブックダーツは欲しいですけどね。

あれさえあれば、ロディアの活躍の場がもっと増えることでしょう。
(半紙は単体では携帯しにくいですからね)
posted by SUG at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

ToDoの妥協案

方眼が好きなので、ロディア11をToDo兼メモ帳に使っていたのですが、
ポストイットノートに書いて手帳のウィークリー欄に張り付けた方が便利ですよね。どうせ一日で捨てますし。


続きを読む
posted by SUG at 20:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

企業戦略構造に学ぶシステム手帳

ブルースリー.jpg

LAMY2000でこんな下らない楽書きをする人が、他にいるだろうか。
今気付いたけど、赤だけ使ってないのね。
ところで、ブルース・リーってこんな顔だったっけ?^^;


システム手帳で「自己の指針管理」をしようと思ったのが二年前。今回はそれについて。

指針管理とは、「自己のやるべきことを示し、管理すること」です。

続きを読む
posted by SUG at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

ToDo管理について悩む

ToDo管理について。

専用の100円ノートを使っている方や、手帳の予定欄に直接書いてしまう方、ポストイットを使っている方、ToDo用リフィルを使っている方、等がおられるようです。

しかし、俺の場合・・・

別のノートを作ると、手帳とにらめっこしたり、持ち運ぶのに不便
手帳の予定欄がゴチャゴチャになってしまう
手帳の開け閉めが多いので、ポストイットは、はがれてしまわないか心配
ToDoリフィルに限らず、手帳専用リフィルは、毎日書いて捨てるには高い

あくまで、俺の場合です^^

そこで、考えました。

続きを読む
posted by SUG at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

理想のシステム手帳計画4

つ、つ、ついにやりました!!T▽T
SUG理想のウィークリーリフィル試作版が!!

参照→http://sssuuuggg.seesaa.net/article/6265845.html

続きを読む
posted by SUG at 03:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

自分の情報スタイルの確立

情報の流れ.gif

 これは、俺の情報スタイルを図式化したものです。こんな図はあちこちで公開されていますし、ほとんどがこの図よりも詳細でしょう(笑

良いんです、職種によって、生活によって、情報スタイルは千差万別ですから!

俺の場合は、この6つのメディアを駆使しています。
議事録などでPDAを愛用していたり、趣味のメモはモールスキンって人もいたり、本当に人によって違うでしょうから、自分だけの図を作って、教えてくれると嬉しいですね。参考にしたいです。

今になってUSBメモリも使うことに気付いたけど、まいっか
ていうか、万年筆手書き大好き、文具大好き、システム手帳大好きなんだけど・・・・・

                                    ザウルス欲しい(小声

図を見てわかる人はわかるでしょう、俺はシステム手帳が大好きなことが!

ええ、大好きです。

思うに、スケジュールなどは手帳で公私混同一元管理した方が効率的ですね。

また、資料ってA4が多いですよね。
だから、一緒にメモしたA4ノートと一緒にファイリングすると便利ってことで、A4ノートを愛用しています。
本当はA5ぐらいが好きなんですが(泣

 ロディアは、サッと取り出せるのが便利ですね。システム手帳のメモ欄に貼り付けることもありますし、校正しながら写すこともあります。
 本で、買うほどの内容ではないけど、部分的に良いこと書いてあるものとか、たくさんありますよね。ビジネス書ぐらいなら10分程度の立ち読みで読破できるんですよね。もっと速く読める人はたくさんおられますが。
 ということで、立ち読み→店外でその要点をメモ、なんてこと日常茶飯事です。
 著者さんごめんなさい、だって値段の割に内容が薄いんですもの(毒
 本当に良いと思った本、内容が難解でゆっくり読みたいな、という本は買いますけどね。
(そういえば、俺が小学生の頃は常に図書券持ってたなあ。なんでだろう????)

 アドレスの管理はもっぱらパソコンです。エクセルが便利すぎるんですもの。一瞬で名前順、業種順、誕生日順に並べることもできるニクい奴。

 俺は6つのメディアを愛用していますが、これは多からず少なからずがベストですね。情報が分散されてしまうと効率が悪い、かといって使い分けをしないとまた効率が悪い。難しいですね。

 ところで、手帳のペンホルダーにさす文具に困っています。
 万年筆の書き味が捨てがたいので、現在は万年筆をさしています。前にアップした写真ではたまたまパーカーでしたが、普段はラミーサファリです。
 しかし、ラミー2000の4色ボールも捨てがたいですね。本当は色んな色が使いたいです。スケジュールも色分けした方がわかりやすいですよね。
 でも、油性ボールってあんまり好きじゃないです。ゲルインクの方が好きなんです。あの派手な発色と書き味が。サラサのゲルの3色は持っているのですが、あのゴムグリップがこれまた好きじゃないんです。

文具マニアは変なところに拘ってしまうのでした。俺のアホ。
posted by SUG at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理想のシステム手帳計画3

リフィル.JPG
 さっき何となく10分ぐらいで「こんなリフィル欲しいなー」と描いてみたので、汚いですねー。でも、このタイプ、探しても無いんですよね。近いものはあっても。ああ、こんなリフィル誰か作ってくれないかな・・・。面倒くさいけど、そのうち自作しようかなあ。

 とりあえず、24時間の目盛りが欲しいわけです。
 この例だと、8月18日は日帰りで大阪から東京に行くため、朝3時に起床して、朝4時に出発しています。こんな予定があった時に、手帳の目盛りが朝6時以降だとか朝8時以降だった場合、なんともブルーになりますし、書き込みに困るわけですね。
 また、自分の睡眠時間まで書き込んで、体調管理にまで気を配ってしまいましょう。毎日11時〜7時の8時間睡眠をしているから、無駄なスペースは要らないという人は、その空きスペースに日記でも書いてしまえば良いと思います。この例だと、下の細いスペースに一言日記を書いています。
 あと、一日の区切りが0時〜24時ではなく、3時〜3時となっている点もこだわり。だって、夜10時から1時まで勉強するぞーって時とか、日付の変わった1時間だけ、翌日の欄に書かなければならないですものね。そういう意味で、3時としてみました。厳密には日付を無視していますが・・・。

 そして、土日も省略せずにきちっと目盛りが欲しいですね。平日重視型じゃなくて。この例では、8月21日の日曜日にセミナーに行っていますが、土曜日に仕事があったり、日曜日に仕事して休日が振り変わったりする人だっているでしょうからね。まあ、とにかく1週間7日24時間、全てを目盛りで管理したいのです。
 用事をスケジュールに書き込むには、多少狭いと思うかもしれません。ええ、確実に狭いです(笑。
 でも、俺の場合は、週間リフィルってパソコンでいうレジストリのイメージなんです。
「どの時間帯に何の用事があるか」
を表示して、それを把握できれば、それで良いのです。この例の右端のスペースには「8/18本社への道→別記」「8/21セミナーへの道→別記」とあります。ゴチャゴチャと書き込まなければならない内容は、思い切って手帳の後ろの方のフリーメモの欄を自由に使えば良いのです。地図や時刻表はフリーメモに書いて、その予定が終わってしまえば、自宅の保存用バインダー(いわゆる要塞・基地)に非難させておけば、手帳も嵩張らずにすみます。

 さらに、上の小さいスペースには、日付ベースの予定を書きます。この例ですと、8月19日には何かの支払締切、土日には、土日でシスアドの勉強をどれだけ達成させようかという、大雑把な予定を書いています。

 週間リフィルは「どの時間帯に何の用事があるかを示す目次であり、書ききれない詳細はフリーメモをを活用すればいい」であると定義付けています。

 あくまで主観的意見ですが、基本的なことが多すぎて恐縮ですねえ^^;

PS。この写真を見て「こんなリフィルを作ってみようかな」と思われたメーカーさん、是非とも私にサンプル企画料を・・・(笑
posted by SUG at 20:39| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理想のシステム手帳計画2

使う人の個性を反映するシステム手帳。
アナログならではで、PDAよりもシステム手帳って人にとって醍醐味だと思います。
タイプ別に分類してみました。※あくまでおおまかな目安です


しかもドラクエV風に(笑

■戦士タイプ!! (A5リング径25ミリ以上級)

とにかくデカくて分厚いぃぃぃぃぃぃ!
メリット
これがあれば、とにかく安心!いつでもどんな情報でも取り出せる!休日に取引先の人に会って、なぜかそこで盛り上がりついでに契約が取れたりとか、そんな嬉しいハプニングなんかも怖くない!
デメリット
携帯性が悪い(ポケッタブル辞書のようです)!仕事の席で取り出したときに、関係ない記述が色々見えてしまい、気まずくなるとか?休日には持ち歩きにくい。

■武闘家タイプ!! (ミニ6リング径10ミリ級)

くて、さくて、検索が速い
メリット
最低限の装備なので、検索にも、ちょっとしたメモにも便利!持ち歩くのがとても楽なので、お気に入りのカバー1つで、公私共に使えるのでは?潔いスタイルです。
デメリット
仕事で使うには、心細いって人が多いのかも?携帯しやすいはずのミニ6手帳が、外出するたびにドタバタと中身を入れ替えなければならないとなると、本末転倒となるかも?

■賢者タイプ!! (様々なサイズ・厚さを使い分け)

携帯力、情報力など、2種類の手帳を使い分ける
メリット
新規営業用10ミリ(業務説明や地図などのリフィル)、ルート営業兼企画会議用25ミリ(企画進行状況、方針などのメモや顧客情報のリフィル)など、用途に応じて2冊程度を使い分ける。各業務固有のリフィルはそのままで、スケジュールリフィルを入れ替えればすぐに出発できる!
デメリット
やっぱ、1冊に絞りたいって人が多いんじゃないかなあ、システム派には。副業や、よっぽど独立した業務を複数抱えてでもない限り、あまり意味は無いかも?また、それぞれサイズが違う場合、スケジュール入力が二度手間で危険。

■勇者タイプ!! (バイブルリング径15〜20ミリ級)

戦士と武闘家の中間をいく!
メリット
情報力、携帯力、共に良好なバランスを誇る。
デメリット
バランスが良いということは、言い換えれば中途半端ということですね。


それぞれにメリットとデメリットがあり、自分のライフスタイルに合わせることが大切ですね。
posted by SUG at 19:43| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理想のシステム手帳計画1

システム手帳について。

イメージとしては、基地から飛び立つ飛空挺なわけです。

基地・・・PC、資料やファイルなど。いわゆる机にある情報源。
飛空挺・・・システム手帳として外部に持ち出す情報。
小型偵察機・・・ポケットメモやノートなど。これからインプットする一時的な情報。

飛空挺とは、海戦に向かう場合には対海戦装備、陸戦に向かう場合には対陸戦装備で出発するんですね。

システム手帳の中身とは、基本的に日々入れ替わって当然ですね。
(もちろん、そうでない基本装備のような部分もありますね)

           ポケットメモ・ノート
               ↓校正・整理して書き出す
             システム手帳
      今は必要無い情報↓  ↑すぐに必要な情報
             ファイルバインダー
               ↑管理
               PC 

ファイルバインダーは、リフィルのストック置き場であり、持ち運ぶ必要は無いですね。分類や検索など、PCによる管理との連携を重視したいです。

俺は径15ミリのバイブルがお気に入りです。でも、A5の書き込みやすさには憧れます。しかし、A5を使い始めると、バイブルの携帯性に憧れるんでしょうね。
posted by SUG at 19:30| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。