2005年10月16日

絵葉書帳?

ehagaki1.jpgehagaki2.jpg

愛用の落書き帳です。リングタイプよりも、綴じてある方が好きです(スリムなので)。
ミシン目に沿って切り取ると、そのまま葉書になります。

そして、表紙をめくると葉書の表。これ、逆の方が使いやすいんですが(笑
一応、裏側にレポート用紙のような型紙もなく、裏表紙の上部にもちゃんと折り目があるので問題はないです。

そして、葉書の表には「POST CARD」の文字。
これが「はがき」となっているものの方が多い気がします。
そこは使い分けるべきなのでしょうか?(俺はなんとなく英語の方が好き)

ehagaki3.jpg

これは、なんとなく水筆で描いてみた極厚のロディアです。※妄想

その当事はブンキチさんからBICグッズをもらった直後だったので、参加させてます。

水彩画で方眼用紙ってどう描けば良いんだろう・・・誰か教えて。・゚・(ノД`)・゚・。

ていうか、なんかデッサン甘いな・・・精進します。

posted by SUG at 22:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鉛筆の線のままにする?
面相筆で気合を入れてがんばる?
実物を貼ってコラージュ..ダメか。(笑)
Posted by 柊 at 2005年10月16日 23:11
この白に紫方眼というコントラストは、ロディアを描く上で省略できない要素な予感(笑)がするので、最初は細かく塗ることにしました。

でも、鉛筆の下書きに水彩画の、このゆるいイメージの中で、あんまり方眼だけ精密に描きすぎるのも、なんだか変。

結局、妥協して雑に塗りましたが・・・

写真とは違う、水彩画ならではの「デフォルメ」は、とてもセンスが問われますね・・・

実物をコラージュ、先鋭的なアートですね!!
ぜひ、柊さんもモールスキンで(笑
Posted by SUG at 2005年10月16日 23:40
先日のエントリといい今回といい…
SUGさん、スゴイっす!
>極厚のロディア
こうまで厚いとなんだかうまそうに見えるなぁ。。。
ってなんでやねん!(笑)
Posted by U凪 at 2005年10月17日 23:21
この厚さの切断面って、気持ち良いだろうなあ〜

なんかカステラみたい?(笑
Posted by SUG at 2005年10月18日 13:04
ロディアの空想をイラストで実現するとは素晴らしい、
しかもどこかで見かけたBiCまで!m(_ _)m
分厚いロディア、たしかにおもしろいですね。
あとはロディア社にリクエストするのみです..(^^;) v
Posted by ブンキチ at 2005年10月18日 19:29
「ロディアの角に頭ぶつけて」…凶器になりそうですなぁ…(^^;;)
 逆に私はハーフロディア(薄さ半分のやつ)が出てくれたらうれしいのに…と思ってます。
Posted by やまかつ at 2005年10月19日 02:04
>ブンキチさん

表紙は使いまわすので、中だけ安く別売りもしてほしいです。

デカいステープラーさえあれば・・・(笑

>やまかつさん

お、それは良いですね!

既存のロディアを半分にぶった切って使うのは、少し勇気が要りますよね〜ヽ(´ー`)ノ


Posted by SUG at 2005年10月19日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。