2005年09月29日

ファーバーカステル

ファーバーカステル達.jpg

我が家のファーバーカステル達です。

芯ホルダーは、キャップ部分に芯研器のついていない、少し短めのモデルです。
金属の金ヤスリのようなローレットがついていないので、ペンケースの中で他のペンをいじめたりしないことから重宝しています(笑

このパーフェクトペンシルは、プラスチック製なので気軽で良いのですが、正直、少し後悔してます。
あまり使ってやれないので、勿体無いなあと、無理して普段は6Bなんかを突っ込んでいます。
あと、金属製になるとグッと高価になりますよね〜。

この芯研器は、ステッドラーの卵型芯研器とそっくり(むしろ同じ)なのですが、詳しい方おられませんか?(人頼み

ファーバーカステル達2.jpg

西ドイツ表記の文具をエントリされている方をたまに見かけて「ふ〜ん、歴史を感じるなあ」とか思っていたら、ウチにもあったみたいです、芯研器が^^;

追記

やまかつさんの記事と、うっかりニアミスさせてしまっていたので、TBで誤魔化させてください(汗

manuさんありがとうございます!)
posted by SUG at 03:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、この芯研機をやまかつさんがブログでアップされてましたね。
やはり西ドイツ製でしたよ。
実は私も行きつけの画材屋で見かけて購入しようかと思ってました。(笑)
Posted by manu at 2005年09月29日 09:12
あ、そうだ!

夜中にエントリしたから寝ボケてたんですね^^;

ちなみに、これを買ったときにはステッドラーコーナーに陳列されていました・・・
Posted by SUG at 2005年09月29日 11:48
こんばんは!
こちらへは初めてお邪魔します♪
SUGさんも9000番パーフェクトペンシルお持ちだったんですね。
記念モデルっつーことで私も春先に購入したのですが、アルミボディの方ばかり使ってなかなか出番が。。。
Posted by U凪 at 2005年09月30日 00:25
俺は7月に買いました・・・

これは値段の割にクリップの作りが×××(自主規制)なので、アルミボディをお持ちなら、こっちを使うこともないですよね・・・笑

俺はもっぱら芯ホルダーです^^;

せっかく3.15ミリが削れるので、そっちの方も買おうかな、と(ますます鉛筆から遠ざかっていく〜

ところで、U凪さんも買われたんですね、ポストイットディスペンサー。
嬉しい反面、定価で買うのが馬鹿らしくなるという、微妙なキャンペーンでしたね!

あ、リンクをはりたいのですが、いいですか?
Posted by SUG at 2005年09月30日 01:01
>リンク
こちらこそ、ありがとうございます♪
後でこちらでもリンクさせていただきますね。
Posted by U凪 at 2005年09月30日 12:58
トラックバックありがとうございます(^-^)/
パーフェクトペンシル、私も持ってたりします。
これについては、destijlのレポートが最高にイイ!ですよん。
http://stationery.blog2.fc2.com/blog-entry-178.html
Posted by やまかつ at 2005年10月06日 03:53
コメントそして誘導ありがとうございます!!

最近、新たにTK4600を買い増してしまいました(汗

ステッドラーと違い、芯研器が内側に内蔵されているのが有り難いですね。
(これでいつもペンケースの中がキレイ!!)

Posted by SUG at 2005年10月06日 09:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。