2006年05月04日

「赤と黒」を使ってみました。

image/sssuuuggg-2006-05-04T12:13:48-1.jpg

携帯からのエントリなので、多少お見苦しい記事になると思いますが、御勘弁を。

※5/8 修正しました。

ミニレモンよりは少し軟らかいペン先ですかね。
ペン先を見ると、多少はしなっているようです。
写真の「強弱」の文字で書き比べています。

万年筆に詳しいわけではないので、これぐらいにしておきます(笑


外観、良くなってます。
ミニレモンが残念に見えるぐらいです。
キャップのリング部分がやはり大きいですかね。



さて「通販限定」と組合せて遊べとのことです。
今更ですが、これが私にはいやらしすぎます(笑

※私個人の主観です※

オマケのキャップは「端が赤、中が黒の配色」、オマケの軸は「端が黒、中が赤の配色」で、なんとも不安定に感じてしまいます。
ドルチェのオレンジやスーベレンのグリーンのような安定感のある配色にしたくなっちゃいます。
いや、これはこれで良いとも思いますが。



皆さんはどうでしょうか?
posted by SUG at 12:13| Comment(4) | TrackBack(3) | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらら、SUGさんすでに購入 & お試しされていたんですね!
ニブや外観の形状はミニ檸檬とほぼ同等にみえますが、
筆記感はちがうのですね。
まずは試してみたいとおもいます。

Posted by ブンキチ at 2006年05月04日 22:40
お久しぶりです〜。
購入されていたんですね。レモンのころの個体差の大きさを考えてしまって、いまだ踏み切れてません(値段安いんだから買っちゃえばいいのに。)

レモンより外観がいい&ペン先柔らか、ってことは結構グレードアップしてるんですか?
Posted by awl at 2006年05月07日 02:29
こんばんは。いつも読ませてもらっています。
リンクを貼らせて頂きましたのでよろしくお願いします。

http://web.mita.cc.keio.ac.jp/~mk060213/sb/
Posted by Koenigsblau at 2006年05月08日 02:08
☆ブンキチさん

「個性的な書き味感」は薄れたかもしれませんが、フローがミニ檸檬よりもかなりマシに感じます。
ただ、1本しか試していないので、個体差かどうかは確かめようがないのですけどね^^;

☆awlさん

ご無沙汰しておりました(汗

>(値段安いんだから買っちゃえばいいのに。)

たかだか差し引き300円ですが「万年筆」というだけで捨てられないんですよね。
(筆記という、存在意義すら怪しい代物だったとしても)
どうせなら大切にしたいです。

☆Koenigsblauさん

初めまして。
こんな更新頻度の低いblogにコメントありがとうございます!
リンクに追加させていただきます。
またそちらにも訪問させていただきます!
Posted by SUG at 2006年05月08日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Lapita 6月号付録 「赤と黒」
Excerpt:  ちょっぴりご無沙汰している間、北陸のほうにプチ旅行に行って来ました。旅行先でも何のかんの理屈をつけて、書店と文具店をチェックする私。もちろんLapitaも逃しませんでしたよん(^-
Weblog: さんてんり〜だ
Tracked: 2006-05-07 04:42

Lapita付録 ミニ万年筆『赤と黒』
Excerpt: 少々出遅れた感がありますが(^_^;) “ミニ檸檬祭り”に乗った自分としては、今回も外せませんでしたね(笑 ただ、興味が違うところにいってるせいか、ちょっと今回は冷めた感じ。
Weblog: ちょいとロディアに独り言...
Tracked: 2006-05-07 21:17

【文】赤と黒
Excerpt: 雑誌ラピタの「ミニ檸檬」に続くオマケ万年筆第2弾。 第2弾は、スタンダールの「赤と黒」だそうです。 今回は2冊予約していたので、昨日書店から引き取ってきましたが、行った書店では山積み状態でしたね。 ..
Weblog: Tiny Happy Days
Tracked: 2006-05-07 23:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。