2006年02月26日

某日ペンクリニックへ1

ナガサワさんで今月の24〜26日の間、パイロットのペンクリニックをやっていたので行ってきました。
はぁ、混雑!1時間待ちぐらいでした。
その待ち時間を潰すのには足りませんでしたが、なかなか貴重な万年筆資料達とショーケース。

かなり貴重なお話を聞けました。
持っていった万年筆(年末に買ったアレです)をルーペで見るなり

「ああ、このペン先は○○○ンのOEMかもわからんね」

素人目にはサッパリです。

ペン先の研ぎ方がかなり四角だった上、私の書き癖として角の部分を使うことが多いようなので、それに合わせて研いでくれました。
あのペン先がしなる感じにまだ不慣れで、持ち方も定まっていないのですが、それでも書き癖って出るんだなぁ、と言われて気付きました。

その他にもミ○○檬のペン芯の欠陥の話など、他のお客さんへ語る貴重な情報が聞けました。
(待ち時間の楽しみの一つ)

あと、これをナガサワさんでもらいました↓
penc.jpg
2006年版ペンカタログ

趣味の文具箱5よりもさらに財布に悪そうな分厚さ(笑

posted by SUG at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ペン先を見ただけで、わかるとはすごいですね〜。
ペンクリって周りの人たち全員が万年筆好きなんですよねぇ。。。普段、万年筆が話題になることは少ないんで、そういう場を体験してみたいです。笑)
Posted by awl at 2006年02月27日 00:41
とにかく記事にしにくい(笑)ような爆弾話が聞けますし、自分もあまり詳しい人が周りにいないので、楽しかったです!

前回のセーラーの時よりもにぎやかでした。
(職人さんが2人だったこともありますが、顔見知りの常連さんも多数いた模様)
Posted by SUG at 2006年03月01日 11:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13837999
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。