2006年02月26日

某日ペンクリニックへ1

ナガサワさんで今月の24〜26日の間、パイロットのペンクリニックをやっていたので行ってきました。
はぁ、混雑!1時間待ちぐらいでした。
その待ち時間を潰すのには足りませんでしたが、なかなか貴重な万年筆資料達とショーケース。

かなり貴重なお話を聞けました。
持っていった万年筆(年末に買ったアレです)をルーペで見るなり

「ああ、このペン先は○○○ンのOEMかもわからんね」

素人目にはサッパリです。

ペン先の研ぎ方がかなり四角だった上、私の書き癖として角の部分を使うことが多いようなので、それに合わせて研いでくれました。
あのペン先がしなる感じにまだ不慣れで、持ち方も定まっていないのですが、それでも書き癖って出るんだなぁ、と言われて気付きました。

その他にもミ○○檬のペン芯の欠陥の話など、他のお客さんへ語る貴重な情報が聞けました。
(待ち時間の楽しみの一つ)

あと、これをナガサワさんでもらいました↓
penc.jpg
2006年版ペンカタログ

趣味の文具箱5よりもさらに財布に悪そうな分厚さ(笑

posted by SUG at 21:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

PSE法

あまりにもblogの趣旨とかけ離れているので、記事にしようかどうかずっと迷っていましたが、
よく考えると、すでにオマケとか色々と脱線しまくってました(笑


PSE法 by 経済産業省
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/index.htm

2006年4月1日以降、市場価値が無くなる電気用品(=ゴミとなる)
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/keikasochi/keikasochi_q&a.htm

電気用品安全法(PSE法)に対する署名(坂本龍一氏など音楽家達による反対署名運動)
http://www.jspa.gr.jp/pse/



「安全のため」とは名ばかりの「○○政策」です。

PSE以前からあった<〒>マークと検査基準は同じようです。
なのに、PSEのない商品の売買が中古も含め禁止されてしまいます。
そして、PSE認可には一件あたり25000円かかります。
PSE基準のある電気製品でもリコール対象となったものが、既にいくつかあります。

なにより、この認知度の少なさ。
警察や税務署職員ですら、最近までほとんど知らなかったようです。

登録検査機関への天下り?
リサイクルショップは廃業?
工場等の資産価値変動、担保価値変動?
不法投棄の増加?
電気製品メーカー有利?
過去の文化を失う?


PSEの目的が「安全」にも関わらず、電気製品による危険についてのデータが公開されていないんですよねー。
「不注意による事故」
「自然災害による事故」
「老朽化による事故」
「製品の欠陥による事故・・・PSE前後」
少なくともこれらの統計ぐらいは必要なのではないでしょうか?
一部業種へはとてつもなく大きな影響を及ぼす法律なんですが。

自転車の防犯登録も完全に○○政策ですよね。
自転車には各個体に製造番号の刻印があるのに、わざわざ機関を作ってシール一枚でお金を徴収するわけです。
posted by SUG at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

缶コーヒーバイク、再び

今度は、コーヒー2缶セットのオマケです。(セブイレ限定、全10種)

今回は中身が外からわかるようなので、迷わずKATANAを購入。

c1.jpg

前に比べると、かなりデカイ。
さらに一部(タンクのあたり)がダイキャスト製。
(まぁこれはYAMAHAコレクションの時もそうでしたが)
さすが、2缶。

c2.jpg

しかし、非常に残念なクオリティに仕上がっております(笑

懐かしい感じすらする塗装の凸凹
ライト部分にまで大胆にはみ出たシルバー塗装、
挙句の果てには、
フロント部分(バイクの顔ですわ)のパーツが左右ズレたまま平気で接着

というより、そもそも全く左右対称ではありません

まぁ所詮オマケってことでしょうが、他のオマケバイクに比べたら、確実に質が低いですね。





ちなみに、おでんも買いました。
posted by SUG at 03:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

消しゴム

もはや過去ネタといいますか、普段使いのあまり逆にエントリしてなかった品です。

er.jpg

スティック消しゴムの中では、結構有名なのではないでしょうか?
よく見かけます。

このカード型は、かなり細かいところ字にも対応できます。
厚さは2.5mmといったところです。

スリムなペンケースにすっきり収納できます。

消しゴムをペンケースに入れていると、いつのまにかペンケースの底にカスがたまってしまうことがとくあるんです(自分だけ?
これだと、ほとんどありませんでした。

er2.jpg

金属軸が珍しくて買った覚えがあるのですが、よく考えると他のペンを傷つけてしまうんじゃないかと、買った後に気付きました(笑
特に「チキチキッ」と鳴るスライド部分のギザギザが。
しかし、指でギザギザをいくら擦ってみても、案外引っかかりがないので気にしていません。

ただ、消しゴムホルダーで500円というのは痛いですね。
なんか「FOR PRO」という記載がありますが、最高級ラインという意味でしょうか。

ちなみに、今度はこれのボールペン用リフィルも買っておきたいと思います。

posted by SUG at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

電源タップ

文具ネタも無いので、電源タップを(笑

FURMANといえば、音響関係では有名なメーカーですね。

ラック式パワーコンディショナーの方が有名ですが、これはそのタップバージョンです。

fu.jpg

かつてはベース用機材として一緒に持ち歩いていたのですが、
最近は荷物が増えるのを面倒に感じるように
なってしまいまして(笑
そこで、家のPCやコンポなどに使っています。
スピーカーから微かに流れる「ジー・・・・」というノイズが見事に消えます。

電流中のノイズを軽減させ、きれいな電源を確保すると共に、雷からも守ってくれているわけです。

fu2.jpg

先は3ピンプラグになっているので、変換アダプターを使い、アースに繋ぎます。
アースを落とさないと、ノイズフィルター効果が減ってしまうようですが、それでも充分に効いているようです。
うちのコンセントは、3ピンじゃ無理なので。


ちなみにこれは、「オーディオ的に良い音が出せる」わけではなく、あくまでノイズの軽減が目的なのです。
(前者を追及すると、一体何万円かかるやら・・・・)

posted by SUG at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

なんだかなぁ

99円ショップで、衝動買いをしてしまいました。

mini.jpg

だって、安いんだもん。

ちなみに、これを差し込むべき99円万年筆は、華麗にスルーしました。
さすがに出番はなさそうなので。

ちなみに比較用のオレンジは、せんべえさんにいただいた物です。




そういえば、対応万年筆はミニ檸檬しか持っていない・・・どうしよう(笑



posted by SUG at 00:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 文具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。